パッケージがポイントのバンビウィンク

女の子の持ち物として

可愛い女の子

有名下着メーカー「ピーチジョン」のようなかわいい配色のバンビウィンクのパッケージはそれ自体がおしゃれで、
効果の高いサプリメントもパッケージデザインのかわいさがなければ!と強く感じています。
バンビウィンクは「まついく」、つまり飲むタイプのまつげの育毛美容液で、
美容液とは言うものの錠剤タイプのサプリメントです。
まつげの育毛に必要な栄養成分が飲むほどにパッケージに印刷されているようなバンビのまつげに近づくというコンセプトで、
私はこのパッケージの色使いやデザインがすごく気に入っています。

 

バンビの色使いははっきりとして、他社のサプリメントの場合はふんわりと柔らかなデザインが多いのでどれも似ているため選び難いですよね。
配合成分や効き目もどことなく似ていて、どこがどう違うのかが分かりにくいというのが正直な意見です。
また、持ち歩くにも、どことなく健康を気にしています!という感じに見られるのが恥ずかしくて、サプリケースに入れ替えるのも面倒でした。
バンビはコントラストがはっきりしたピンク、ブラック、ゴールド、ホワイトでデザインされ、
女性ホルモンの分泌を助けて幸福な気持ちを誘うと言われるピンクが広くベースになっています。
ブラックとゴールドは重厚な印象とキラキラした高級感でステキさを演出しています。
ホワイトは栄養補助食品としての清潔感と、バンビのシルエットに黒いまつげを強調させる効果があると思います。

 

パッケージデザインで比較すれば、
他社のサプリメントの場合は健康が気になる上の年代を対象としているだけに成分の素材をそのまま表現するなど、
想像しやすい色を使っていると思います。
でも、今は健康や美容を気にする年代は幅広く、第一に持ち歩けるかどうかは重要なポイントです!
高級お菓子のようなおしゃれなデザインであれば、バッグの中にそのまま放り込めるし、
部屋に置きっぱなしで誰に見られていても不思議と恥ずかしくないのです。

 


魅力的なまつ毛を手に入れる色々な方法とそのリスク

近年、ナチュラルに見えるつけまつ毛、まつ毛パーマ、まつ毛エクステ、育毛機能付きのマスカラやまつ毛用の育毛剤などがヒットしています。

 

 

近年の傾向で共通しているのは「できるかぎり自然にナチュラルにまつ毛の印象を変える」ということです。こういう流れが出てきた背景にはネット調査などで男性の意見が数字で見えるようになり、ナチュラルメイクを好む傾向が明示されていることがあるようです。

 

 

 

しかしそれぞれの方法にはそれなりにリスクが存在します。

 

 

 

つけまつ毛はつけ外しの度にまぶたの皮膚やまつ毛の毛根に負担を与えていますし、まつ毛パーマやまつ毛エクステはパーマ液やグルー(接着剤)による刺激でアレルギー反応が出ることがあります。

 

 

 

また、つけまつ毛もまつ毛エクステも非常に薄い皮膚であるまぶたに余計な重さを負担させるため、
毎日の積み重ねでしわやたるみが促進されます。

 

 

 

まつ毛用の育毛剤でさえ、デリケートな部分であるまぶたに直に塗布するため、合わない人には色素沈着などの深刻な問題を引き起こしてしまいます。